レギスラットの悪い所はサイズがワンサイズしかない点?

レギスラットの悪い所はサイズがワンサイズしかない点?

着圧レギンスの中で、今若い女性を中心に圧倒的な支持を得ているのがレギスラットです。

太ももから足首にかけて加圧は10段階に分かれており、足に吸い付くような感覚で脚やせダイエットを行うことができます。同時に21か所のツボを刺激して血流や新陳代謝を高め、脂肪をさらに燃焼させることができます。

レギスラットの売り上げも絶好調で品薄の状態が続いているようです。サイズがワンサイズのみのフリーサイズというのはわかりやすくて良いのですが、太ももが極端に太い人や逆に細い人ではサイズが大丈夫だろうかと心配になるのではないでしょうか。

しかし伸縮性があるのでM~Lサイズまで着用が可能で、ウエストは64cm~87cm、ヒップが80cmから98cmまで行けるようです。

レギスラットの悪い所は返品が出来ない点?

レギスラットの悪い所は返品が出来ない点?

レギスラットを履いた瞬間から美脚に見えるようなスタイルを作り上げる事ができるレギンスである為、脚やせダイエットとして購入する方が多い商品です。

レギスラットはファッション雑誌でも広告などを含めて、掲載されている事から購入者が増えています。そこで返品などができるか不安で購入できないと答える方もいます。

初期不良であれば返品対応は受けているので安心です。なお、ワンピースに合わせたりさまざまな活用方法がある為、返品を希望する方が少ない商品である点も特徴です。

初期不良であれば、返品は勿論ですが交換対応も行なっています。複数枚購入する事でお得に購入できるため、一度購入して自分にあっていると感じた方は複数枚セットで購入するケースが多いです。

レギスラットの悪い所は妊婦さんは使用できない点?

レギスラットの悪い所は妊婦さんは使用できない点?

脚やせダイエット効果のあるレギスラットは、妊婦さんには向いていません。

その理由としましては、通常のレギンスと異なり体を引き締める構造になっているので、体を圧迫してしまうので妊婦さんには向いていないでしょう。

脚部分だけでなくウェスト周りにも引き締め効果があるので、おなかが大きくなる妊婦さんには不向きです。脂肪を燃焼させやすい加圧ダイエット構造も妊婦さんの体には負担となります。

骨盤ケア構造もあるので、妊婦さんの骨盤は赤ちゃんがおなかの中にいることからこれからどんどん広がろうとしています。それを逆に締めてゆく作用になるので適切ではありません。

レギスラットはダイエットが目的ですので、圧迫を避けるゆるやかなものを着用したほうが良い方には不向きです。